奇経の流注・主治症・脈診   

奇経流注

衝脉
下腹の女子胞(子宮)に起り、鼡径部の気衝に出て腹部腎経の諸穴を経て肋下に達し膻中に至って散るように終わる。
別経として鼡径部気衝穴より別れた枝は足の内側を下って第1中足骨内側の公孫穴に至る。
 気衝、横骨、大赫、気穴、四満、中注、肓兪、商曲、石関、陰都、通谷、幽門、腹の通谷

帯脉
下肋部の章門穴に起り、臍をはさんで腹部中央を帯の如く一周する。

章門、帯脉、五枢、維道

督脉
会陰部に起り、後、正中を臀部、腰部と脊柱上を上り、肩、項、後頭を過ぎて百会に至り、前頭部より鼻尖を過ぎ、人中を経て上唇内面の粘膜に終わる。2つの別枝があり、その1つは身柱穴より分かれて左右に行き風門穴を循り第1胸椎の陶道穴に至る。他の1つは風府穴より頭蓋骨内に入り脳髄を絡い、百会に出て本経と合す。

長強、腰兪、腰の陽関、命門、懸枢、脊中、筋縮、至陽、霊台、神道、身柱、陶道、大椎、ア門、風府、脳戸、強間、後頂、百会、前頂、シン会、上星、神庭、素リョウ、水溝、兌端、齦交

任脉
会陰部から起り、生殖器に帰属し、鼡径部から腹部、胸部の正中線を上り、咽喉を循り口唇に至って督脉と合す。次に口唇から下眼窩に至り承泣穴にて胃経と合す

会陰、曲骨、中極、関元、石門、気海、陰交、神闕、水分、下カン、建里、中カン、上カン、巨闕、鳩尾、中庭、ダン中、玉堂、紫宮、華蓋、センキ、天突、廉泉、承漿

陰維脉
下腿の築賓穴に起り足では腎経、腹、胸では脾経に随って循環る。府舎、大横、腹哀、期門の諸穴を経て胸に上り天突、廉泉穴の所で咽喉を絡い頤の下に終わる 築賓、府舎、大横、腹哀、期門、天突、廉泉

陽維脉
金門穴より起り、外果を経て足の外側を胆経に沿って上り股関節外側から側腹部を経て棘下部の小腸経に至る。上膊部の大腸経、三焦経を循り肩上部に至り頭の胆経に入り後頭部下際の風池穴に終わる 金門、陽交、居リョウ、臂臑、臑会、天リョウ、肩井、臑兪、風池、脳空、承霊、正営、目窓、頭の臨泣、陽白、本神

陽蹻脉
僕参穴に起り膀胱経に沿って外果より足の後側を上り、臀部に至り、側胸部より肩甲部の小腸経、大腸経を循り側頸部を経て地倉穴より胃経に入り上って眼の下部を循り内眥の睛明穴より膀胱経に入り、これより上行して前額髪際に入り更に進んで後頭部の風池穴に終わる 申脉、僕参、附陽、臑兪、肩髃、巨骨、地倉、臣窌、承泣、睛明、風池

陰蹻脉
足の踵骨より起り、内果より足の内側腎経を上り陰部に入り更に腹部、胸部を経て鎖骨上窩の欠盆穴を循り、頸動脈拍動部に出て循り、頬骨内側より内眥の睛明穴に終わる 然谷、照海、欠盆、睛明

「難経二十九」 (病 症)
二十九の難に曰く、奇経の病たること何如ん。然るなり、陽維は陽を維し、陰維は陰を維す。陰陽自ら相維すること能わざるときは、悵然として志を失し、溶々として自ら収持すること能わず。陽維の病たること寒熱を苦しむ、陰維の病たること心痛を苦しむ、陰蹻の病たること陽緩くして陰急、陽蹻の病たること陰緩くして陽急なり、衝の病たること逆気して裏急す、督の病たる背強りて厥す、任の病たること其の内、結を苦しむ、男子は七疝となし、女子はか聚をなす、帯の病たること腹満し腰溶々として水中に坐するが若し、此れ奇経八脉の病を為すなり。


奇経病症

衝脉「衝脉公孫穴主治歌」

九種の心疼で病が寧らかならざるもの
結胸、翻胃で食が停まり難きもの
酒食、積聚で腸鳴があらわれるもの
水食、気疾で膈と臍が痛むもの
腹痛、脇脹、胸膈満
瘧疾、腸風で大便が紅きもの
胎衣が下らずして、血が心を迷わすもの
急ぎて公孫穴を刺さば、自ら霊なり

陰維脉「陰維内関穴主治歌」

中満、心胸に痞脹多きもの
腸鳴、泄瀉して脱肛に及ぶもの
食が膈に下り難きものと、酒に傷われしもの
積塊堅硬にして脇の旁を横(おびやか)すもの
婦女の脇疼并びに心痛
裏急、腹痛、勢当たり難きもの
傷寒が解せずして結胸を病むもの
瘧疾。内関 独り当るべし。

帯脉「帯脉臨泣穴主治歌」

中風で手足の挙動が難きもの
麻と痛み、発熱して筋が拘攣するもの
頭風、腫痛が顋、項、眼に連なり
赤くなりて疼み、頭眩、歯痛
耳聾(難聴)、咽腫の証と合せるもの
游風(遊走性の関節痛)、掻痒、筋の牽纏(ひきつれ)
腿の疼み、脇の脹り、肋と肢の痛み
針が臨泣に入れば、病は痊ゆべし

陽維脉
「陽維外関穴主治歌」

肢節の腫痛、膝の冷え
四肢の不随、すべての頭風(頭痛)
背と胯(大腿)の内外の筋と骨の疼み
頭頸眉稜が病みて寧らかならざるもの
手足の熱麻、夜の盗汗
破傷、跟腫、目睛紅きもの
傷寒で自汗し、コウコウたる熱のもの
ただ外関に針することあらば、極めて霊なり

督脉「督脉後谿穴主治歌」

手足の拘攣と戦掉(ふるえ)、眩
中風不語、并びに癲と癇
頭疼、眼腫、漣漣たる泪
背腰腿膝の痛みが綿綿たるもの
項強、傷寒の病が解さざるもの
牙歯と顋の腫れ、喉の病が難きもの
手足の麻木、破傷風
盗汗。後谿穴に先ずうつなり

陽蹻脉「陽蹻申脈穴主治歌」

腰背脊強、足踝風(足関節内外踝の発赤腫脹。リウマチの類)
悪風、自汗、あるいは頭疼
手足の麻攣、臂間の冷え
雷頭(頭痛の一種、発赤腫脹して痛む)赤目、眉稜痛
吹乳(産前産後の急性乳腺炎)、耳聾、鼻衄血
癲と癇、肢節の苦煩疼
遍身腫満、汗淋漓
申脈に先ず針すれば奇功あり

任脉「任脉列欠穴主治歌」

痔瘡で肛が腫れ、泄痢が纏わるもの(慢性化したもの)吐紅(血痰)溺血(にょうけつ)、嗽咳痰
牙の疼み、噎びて咽が難しきもの
産後に強ばりを発して、語ること能わざるもの
腰痛、血疾、臍腹の寒るもの
死胎が下がらずして、膈に上攻するもの
列欠に一刺すれば、すなわち痊(い)えるなり

陰蹻脉「陰蹻照海穴主治歌」

喉閉、淋渋(小便難)と胸腫
膀胱気痛并びに腸鳴
食黄、酒積、臍腹痛
嘔瀉、胃翻(命門火衰による消化能力の低下)及び乳瘍
便燥、難産、血、昏迷(産後の眩暈、意識の混濁)
積塊、腸風で便を下さば紅きもの
膈中不快、梅核気(咽喉部の異物感)
照海を格主して針すれば霊あり

気口九道診
左手にて九道を診察する場合 右手は反転
 外     中        内
寸 膀胱経 小腸経心経 肝経
関 胃経     三焦経心包経 脾経
尺 胆経     大腸経肺経 腎経

 外           中            内
寸 陽蹻脈←      (任脈)      →陽蹻脈
関帯脈←         督脈(浮)      →帯脈
尺陰維脈/陰蹻脈←  衝脈(牢)     \陽維脈→陰蹻脈
[PR]

# by w74108520 | 2010-09-02 12:02 | 東洋医学概論

盆だてがんにナスの皮の雑炊(長岡甚句)   

お盆だというのに、茄子の皮の入った雑炊しか食べられない(長岡地方の俗謡から引用)

特産の長岡茄子の皮の入った雑炊です。一物全体で余さず食し、皮の陽気を沢山含んだところを、下味をつけ細かく刻み、身体を冷やさない工夫をしている。

長岡茄子の特徴
明治時代中頃、中島地区で栽培が始まった。大型の丸っこいナスで果肉がしっかりしている。果肉が堅くて美味である。古来、ふかして生姜、芥子あるいはゴマをふって醤油で食べるふかしナス、又は煮付けにしたり、味噌味のナス炒め、しぎ焼きにしたりと長岡の夏を彩る。果肉と皮の間に独特の甘味がある。

茄子の皮の雑炊の作り方
 大根、人参、馬鈴薯、茄子等の皮を捨ててしまわないで細かく刻む。固い皮はフードプロセッサーで細かくしても可。ダシに使った椎茸を小口切りにする。 
 上記の切った食材を水150ml、しょうゆ10ml、で3分ほど煮てそのまま煮汁につけておく。
 玄米を茶碗に多めに1杯、豆乳400ml、水200ml、塩ひとつまみを鍋に入れ、強火で煮て、5分ほどで沸騰したら弱火に落とし、更に3分煮る。
煮汁を切った具を混ぜて出来上がり。
ポイント あまった皮も雑炊に混ぜ無駄にしない。固い皮などは一度炒めてから用いても良い。刻み方は細かいほど良い。青味を載せて供す。
f0232160_11152584.jpg

[PR]

# by w74108520 | 2010-08-02 10:46 | 料理

三厭五葷   

東洋のベジタリアン
五葷(ごくん)について
東洋の ヴィーガンが取らない食べ物を三厭五葷(さんえんごくん)と言います。
三厭は肉・鳥・魚、五葷はネギ・にんにく・にら・らっきょう・あさつきなどです。

菜食主義において、五葷(ごくん)は禁じられています。
大自然の天然の気を、傷つけてしまうのがその理由とされています。
五行という古代中国の自然哲学に基づいています。
人間の精神に悪影響を及ぼす食品であり、それぞれの臓器と徳目に対応しています。

1 五行とは

五行とは天地の間に循環する
土、木、火、金、水の五つの気のことです。

水は木を育て、
木は火を生じ、
火は土を生じる、というように、
天地間の萬物は互いに生かしあう(相生)性質があります。

2 五行の相生相剋
しかし逆に、マイナスの気が生じれば
互いに相殺してしまう流れとなります。

水が火を剋し(消してしまう)、
火が木を剋し(焼いてしまう)・・

という具合に、双方で剋しあう(相剋)という循環もあるのです。


3 五行色体表

五行 木 火 土 金 水
五臓 肝 心 脾 肺 腎
五官 眼 舌 口 鼻 耳
五常 仁 礼 信 義 智
五戒 殺 淫 妄 盗 酒
五情 怒 喜 思 憂 恐
五葷 ラッキョウ ニラ ニンニク アサツキ ネギ

4 五葷と五行

五葷も実は、この五行に対応しているのですが、五行には、人間の五臓(五つの臓器)、そして人間が本来的に備えている五つの徳、また人が戒めるべき五つの戒にも対応しています。
たとえば、五行のひとつ、木というのは五常では仁にあたります。
ですから、木や植物はその特質として、仁、他者を生かすというような性質をもっているわけです。
木に対応する五戒(いましめ)は、「殺」であり、またこれに対応する五臓(臓器)は肝臓です。ですから、殺生すると、人間の徳である「仁」の気が傷つけられ、これが過ぎると肝臓を痛めてしまうのです。
人間の持っている五つの徳は仁、義、礼、智、信ですがこれは、心のもちかた、心のありようです。ですから、仁の心というのは単に殺生をする、しないの問題だけではなく生き物に対する慈愛の心があるかどうかがとても大事なんですね。
また、人を見下げたり批判中傷したりする心も精神の上での「殺」にあたります。このような心が過ぎると、肝臓にはよくないといえるんですね・・。

そして、この五行は循環します。相生(互いに生かす)が本来の流れで土から金を生じ、金が水を生じ、水が木を生じ、木が火を生じ、火が土を生じる、というのが相生の流れです。
逆に相剋(互いに剋する)流れもあり、土が水を剋し(土が入ると水がにごる)、水が火を剋し、火が金を剋し、金が木を剋し、木が土を剋すというのが相剋の流れです。
ですから、もし殺生をすると、仁を傷つけるだけでなくまわりまわって、信、礼、義、智の徳も傷つけてしまうことになります。そうなると、言行は乱れて苦悩や煩悩がさらに生じてきます。そしてまためぐりめぐって殺生してしまう、しやすくなってしまうという、悪循環になってしまうのです。
逆に、五葷を好むのは五戒で言うところの妄、殺、淫、盗、酒です。
飲食街などでも、お酒やお肉、そしてニンニクやニラ、ネギなどを多く出すような店の付近には、この妄、殺、淫、盗、酒などがたくさんあつまってくるようです。

若註
五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべき基本的な五つの戒のこと。
木 不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
火 不邪淫戒(ふじゃいんかい) 自分の妻(または夫)以外と交わってはいけない。
土 不妄語戒(ふもうごかい) - うそをついてはいけない。
金 不偸盗戒(ふちゅうとうかい) - 他人のものを盗んではいけない。
水 不飲酒戒(ふおんじゅかい) - 酒を飲んではいけない。


五常(ごじょう)儒教は、五常(仁、義、礼、智、信)という徳性を基本とした。
仁 人を思いやること。孔子以前には、「おもねること」という意味では使われていた。白川静『孔子伝』によれば、「狩衣姿も凛々しい若者のたのもしさをいう語」。「説文解字」は「親」に通じると述べている。
「論語」の中では、さまざまな説明がなされている。孔子は仁を最高の徳目としていた。
義 利欲に囚われず、すべきことをすること。(語源的には宜に通じる)
礼 仁を具体的な行動として、表したもの。もともとは宗教儀礼でのタブーや伝統的な習慣・制度を意味していた。のちに、人間の上下関係で守るべきことを意味するようになった。
智 学問に励む
信 言明をたがえないこと、真実を告げること、約束を守ること、誠実であること。
[PR]

# by w74108520 | 2010-07-26 17:31 | 三厭五葷

丹田呼吸法   

自律神経を整えてくれる丹田呼吸法をいろいろ試している時に、
他の様々な呼吸法の存在も知りました。

その中で、寝ながらでも出来るので、夜ダラーとTVを見ながら
でもできるのが足心呼吸法です。

くわしいやり方をご紹介します。

冷え性の方には特におすすめの呼吸法です。 
立って行っても良いのですが、寝る前に横になって行うと
そのまま眠ってしまえば良いので楽ですよ。           

横になって両足を肩幅程度に広げます。 
自分の足の裏の中心(足心)を強く意識します。
私の経験からもこれは慣れるまでかなり難しいので、
事前に足で”じゃんけん”のグーを作って足の裏をしっかり
感じる練習も行ってください。 

やはり丹田呼吸を行うのですが、この場合は空気を足裏の
中心部分から足首、膝、太ももと上に向けて徐々に丹田まで
引っ張り上げるような気持ちで息を吸い込みます。 

そして吸い込んだ息を丹田まで収めると、
数秒間息を止めてからゆっくりと吐き出します。 

吐き出し方は基本的な丹田呼吸法に同じです。 
つまり足の裏辺りにある大気を足を伝って丹田まで吸い上げる
イメージで呼吸するのです。

不思議なことですが意識を身体の特定の部分に向かわせると、
身体のエネルギーもその部分に向かって集まって行くのです。 

意識、あるいはイメージを特定の部位に向けた状態で
呼吸をする事は同時に身体のエネルギーをその場所
に向かわせる効果があるのです。 

足心呼吸法では足に意識が向かいますから血液など
身体のエネルギー成分も足に集まるので足が暖かく
なってくるのです。

中国医学では下腹の丹田部分は膨らませることで
横隔膜が下がり、胸腔が広がるメリット以外に
食物から取った栄養を吸収する小腸など生きる為に最も大切な
生命機能が存在する場所として位置付け、この部位に意識を
集中させて身体のエネルギーを向かわせる
呼吸方法を生み出したのです。 
f0232160_1841020.gif

難しいようですが、ようは、足の裏から息を吸い上げる
イメージで呼吸することが大切です。

呼吸が整えば、パニック障害やうつの改善の助けになるので
ぜひ習慣的に行ってみてください。
動悸なども安定してくるので、当然自律神経は整ってきます。
[PR]

# by w74108520 | 2010-06-24 18:41 | 丹田呼吸法

パッションフルーツのチーズケーキ   

f0232160_2132785.jpgマクロビオティック・デザートの定番となっているのが、豆腐のチーズケーキ。見かけも味も本当のレアチーズケーキみたいですが、実は、水切りしたお豆腐と白みそ、アーモンドを使って作られています。カロリーも、本物のチーズケーキに比べて約30%ほど低いです。

豆腐は、マクロビオティックのデザートの素材として広く使われている食品。チーズの他に、卵やクリームの代わりとして使われています。豆腐でホイップクリームやクリームチーズなどもできます。

卵や乳製品などの動物性タンパク質に含まれている飽和脂肪酸やコレステロールがないので、ヘルシーでローカロリーなデザートに。また、良質の植物性タンパク質やカルシウム、リン、鉄などの栄養素が身体に吸収されやすい形で豊富に含まれています。

このケーキのカラメルは、麹100パーセントの水飴が使われており、パッションフルーツは無農薬有機です。


原材料:
豆腐、白みそ、アーモンド、もち米飴、胡麻ペースト、葛粉、山いも、メイプルシロップ、小麦粉(十勝産)、菜種油、レモン、豆乳、甜菜糖、自然塩、パッションフルーツ

f0232160_2142342.jpg

[PR]

# by w74108520 | 2010-04-06 21:07 | 料理

花粉症のツボ   

花粉症のツボです。
花粉やハウスダストにアレルギー反応を起こすと、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみなどの症状となって現れます。症状が現れたら、その場でさっそくツボ指圧をお試しください。鼻づまりの場合には、迎香(げいこう)と臨泣(りんきゅう)のツボを押して刺激します。眼のかゆみが現れた場合には、攅竹(さんちく)と臨泣のツボを押して刺激しますと効果を発揮します。

f0232160_20524556.jpg

1 迎香【げいこう】 小鼻の両わき。
2 攅竹【さんちく】 左右のまゆ毛のつけ根。
3 臨泣【りんきゅう】 ひとみの真上で、髪の毛の中へ5~7ミリ

1. 「迎香」【鼻水・鼻づまりを改善する】

ツボの押し方

* 1. 人差し指の上に中指を重ねます。
* 2. 指を迎香のツボに、左右同時に当てます。
* 3. 3秒間押して、3秒間休む。これを5回繰り返します。
* 4. 力の強さは、やや弱め。
* 5. 力の向きは、やや上向きに、眼の方向に向けます。または、小さな円を描くようにすると、ツボにはまります。
* 6. ツボ刺激が鼻の奥にズンと伝わる感覚があると効果的です。


2. 「攅竹」【眼のかゆみを改善する】
ツボの押し方

* 1. 人差し指の上に中指を重ねます。
* 2. 迎香のツボに、指を当てます。片方ずつでも、左右同時にでもどちらでもか f0232160_20573324.gif まいません。
* 3. 3秒間押して、3秒間休む。これを5回繰り返します。写真のように片方ずつ押すときは、これを繰り返します。
* 4. 力の強さは、やや弱め。
* 5. 力の向きは、やや上向きに、頭のてっぺんに向けます。または、小さな円を描くようにすると、ツボにはまりやすくなります。
* 6. ツボ刺激が目の奥まで伝わる感覚があると効果的です。


3 「臨泣」.【鼻づまり・眼のかゆみを改善する】

ツボの押し方

* 1. げんこつをつくります。
* 2. 左右の親指の関節を臨泣のツボに当てます。左右同時にでも、片方ずつでも、どちらでもかまいません。
* 3. 3秒間押して、3秒間休む。これを5回繰り返します。
* 4. 力の強さは、ふつう。
* 5. 力の向きは、やや上向きに、頭のてっぺんに向けます。または、小さな円を描くようにすると、ツボにはまりやすくなります。
* 6. ツボ刺激が、目や鼻の奥にズンと伝わる感覚があると効果的です。
[PR]

# by w74108520 | 2010-03-31 20:59 | 花粉症のツボ

桜スコーン   

桜スコーン

f0232160_20174897.jpg刻んだ桜の葉を生地に練り込みました。ほんのり桜の香りがします。お花見にもピッタリです。
材料(8個分)

【A】

* 桜の葉の塩漬け 8枚


【B】

* 地粉(中力粉) 1と1/2カップ(その他、打ち粉用に少量)
* 有機発芽玄米粉 1/2カップ
* アルミニウムフリーベーキングパウダー 小さじ2

【C】

* なたねサラダ油 1/4カップ
* 豆乳 1/4カップ
* メープルシロップ 大さじ2
* 塩 ひとつまみ

作り方

1. 【A】の桜の葉は30分程水に浸けて塩抜きをして、みじん切りにしておきます。
2. 【B】の粉類をふるっておきます。
3. 【C】を泡立て器で混ぜ合わせます。
4. 「1~3」全てを混ぜ合わせます。
5. ひとかたまりになったら、台に打ち粉をして生地を置き、上にも打ち粉をしてめん棒で2cmの厚さにのばし、型で抜きます。
6. 190度に温めたオーブンで20~25分焼きます。

ポイント!

* 発芽玄米粉を入れることでさっくりとした食感になります。
* 生地を混ぜる時はあまり練らないようにします。

f0232160_2043826.jpg

[PR]

# by w74108520 | 2010-03-30 20:43 | 料理