カテゴリ:夏の養生 ( 1 )   

夏の養生   

 中医学では、立夏から立秋までを夏として、そのうちの湿気が多くなる土用のころ、立秋前の夏の終わりを長夏としています。日本では梅雨があって、海洋性気候で北海道は別として湿気が多いので、夏を通して長夏としたほうが現実的かと考えています。


東洋医学では、人も自然と一体であり、陰陽五行を基礎として考えるということは、東洋医学講座を通じてお話してきました。人の身体の状態は、季節の移り変わりの影響を少なからず受ける。そして、自然の移り変わりを陰陽五行で見て、人の身体の状態も陰陽五行でとらえる。だからこそ、季節ごとの養生法があるのです。f0232160_2045515.jpg


季節の移り変わりを陰陽でみていくと、
春=陽気が次第に盛んになって陰気は衰えていく。
夏=陽気が極になって衰え始め、陰気は次第に盛り返し始める。
秋=陰気が次第に盛んになって陽気は衰えていく。
冬=陰気が極になって衰え始め、陽気は次第に盛り返し始める。

そして五行でみていくと、
春=「生(せい)」・「風(ふう)」の季節。芽吹き、成長を始める。
夏=「長(ちょう)」・「暑(しょ)」の季節。成長を続け、繁茂する。
長夏=「化(か)」・「湿(しつ)」の季節。実を結ぶ。
秋=「収(しゅう)」・「燥(そう)」の季節。葉を落とし、冬に備える。
冬=「蔵(ぞう)」・「寒(かん)」の季節。地に根をはり、春に備える。


このことを頭において、夏と長夏の養生法を見ていきましょう。


☆ 夜は少し遅く寝て、朝は早く起きる

夏は、天地陰陽の気が盛んに交わって、万物が成長し繁栄する季節です。起きている時間を他の季節よりも長くして、身体を動かして、体内の気もしっかりとめぐらせましょう。


☆ 身体を動かして、適度に汗をかく


1年のうちで最も陽の強い夏。身体の中の陽気も強くなりがちです。また、湿気の多い時季でもあります。気温が低めの午前中や夕方に、身体を動かして、汗とともに体内の陽気と湿気を発散させましょう。


ただし、暑いさなかに汗をかきすぎるのも禁物。水液代謝が乱れて、おなかの調子がくずれたり、下手をすれば命の危険にもさらされます。水分とミネラルの補給を忘れずに。真夏の暑い日には、無理をして運動する必要はありません。暑気あたりになっちゃいますからね。
f0232160_20184724.jpg

1日中冷房の中にいて、陽気の発散ができないままでいると、胸に熱がこもってしまいます。すると、肺がその熱にやられて、秋になってから空咳が出るようになります。また、心にその熱が影響すると、不眠やめまいの原因になります。


☆ 冷えにも気をつける


汗をかいたら、必ず乾いたタオルでふきとって、冷やさないようにしましょうね。汗をかいたままの状態で、冷気に当たってはいけません。汗をかいているときは、皮膚表面の腠理(汗腺や毛穴に相当するところ)が開いていて、そこから風寒邪が容易に入りこみます。


また、暑いからといって、冷房をかけた中で冷たい物を摂ると、かえって身体を冷やしすぎて、陽気を傷つけてしまいます。外にいる間に陽気を発散して、建物の中で陽気を傷つける。これが冷え性の一つの原因にもなるんです。


エコロジーが叫ばれるようになって良かったことの一つが、冷房の設定温度。以前は冷やし過ぎの職場が多くありました。それでもまだ冷えるという場合は、レッグウォーマーやスカーフで、しっかり予防して下さいね。シルクの腹巻もおすすめです。



☆ 脾を養うために、食べてはいけないもの


夏・長夏を元気に過ごすには、脾を養うことが先決です。脾は湿気に弱いので、梅雨の時期に冷たい物や水分を取り過ぎると、調子がくずれてしまうので気をつけてください。また、脂っこい物や味の濃い物もさけましょう。

『養生訓』 脾胃の嫌う十三品目(巻三47)より
「脾胃の嫌う物は、生もの、冷たいもの、堅いもの、ねばっこいもの、不潔で清らかで ないもの、くさいもの、生煮えのもの、煮すぎて香りをなくしたもの、煮てから長くおいたもの、果実の熟していないもの、古くなって本来の味をなくしたも の、五味の偏ったもの、脂肪が多くて味のくどいもの、これらはみな脾胃の嫌うものである。これらを食べれば脾胃を悪くする。食べないほうがよい。」

「脾胃の弱い人や老人は、餠、だんご、饅頭などの類や、堅く冷えたものを食べてはいけない。消化しにくいからである。干菓子や生菓子の類は、食べるときによく身体のことを考えることだ。その時季により、あるいは人により、ひどく害になることがある。夕食後は、とくに食べてはいけない。」
ということになると、この時期に旬の野菜は身体を冷やす性質がありますし、水分の多いものがあります。
 土用のうなぎも油が多く味の濃いものです。
アイスクリームより冷えた麦茶のがぶ飲みはもっとよろしくないようです。

やはり淡白で消化よく美味しいものを少しだけが佳い感じです。


f0232160_2011969.jpg
# はも 
# そうめん 
# きゅうり 
# 板わらび 
# じゅん菜 
# 梅肉  
# 木ノ芽  
# 葛粉  
吸地
# 出し汁(昆布) 
# 塩  
# うす口醤油  
#純米酒  
ぼたん鱧

暑くなります。ご自愛くださいませ。
[PR]

by w74108520 | 2010-11-06 19:47 | 夏の養生